0824-72-3762

〒726-0003 広島県府中市元町451−1

持続化・家賃支援給付金を利用し「これで商売が続けられる」

中央支部のSさん(美容)は、16年前に独立開業して仕事を続けてきましたが、 4月ごろより、新型コロナウィルス感染症の影響で、客足が遠のき、売上が下がりまし た。それでも家賃などの支払いは遅れないようにと頑張ってきました。しかし、5月の 売上が半減し、どうしようかと民商に相談。持続化・家賃支援給付金の対象になること がわかり、書類をそろえることになりました。
必要書類の確定申告書に税務署の受付印がないため、税務署へ出向き、納税証明をと ることに。売上帳や家賃の支払い領収書などはすぐに準備できましたが、14年前に交 わした賃貸借契約書が見つからず、大家さんに所定の賃貸契約等証明書を書いてもらう ことにしました。
やっと書類がそろった8月24日に民商事務所で、事務局と一緒にパソコンに入力し、 2つの給付金申請を済ませました。Sさんは「準備に時間がかかったけど、給付が受け られたら、何とか仕事を続けることができそうです」とほっとしています。

国保料の減免申請を積極的に!

政府はコロナ関連対策として国保料の減免に対して、各自治体に補助金を出しています。新型コロナ感染症の影響により、収入が昨年に比べて30%以上減少している世帯が対象で、2020年2月~2021年3月までの支払い保険料が減免されます。

 後期高齢医療保険料や、介護保険料も減免されますので、積極的に申請しましょう。

婦人部役員会が開かれる

協力してコロナ危機を乗り越えよう

8月26日(水)、久しぶりに集まった婦人部役員。この間のお互いの仕事や生活などを交流しました。そして、ニュースや商工新聞などに掲載されている国や各自治体などの支援制度を積極的に利用し、コロナ危機を乗り越えようと話し合いました。

 広島県婦人部協議会より「所得税法56条の廃止を求める」意見書採択をすべての自治体に広げるため、各民商婦人部で話し合うことが提起されていますが、わたしたちの対象自治体である神石高原町への要請については、コロナ感染が拡大している中、今後時期を検討していくことにしました。

 また、例年行っている婦人部総会について話し合いました。詳細は後日お知らせします。

 役員会終了後には、金尾さんお手製のおはぎを頂きながら、交流しました。

国民健康保険税減免申請書(府中市)

福山市もほぼ同じ内容です。月々の売上帳を準備し、早めに申請しましょう。申請書は、事務所にあります。

第1回理事会が開催

8月6日(木)、定期総会後初めての理事会が行われ、7名が参加しました。この間の会議・学習会・班会などの報告や、組織、コロナ不況から商売・生活を守るための制度活用状況などを話し合いました。
 また、総会で三役体制が決まっていないことから、オブザーバーとして福家北西支部長と和田共済会理事長が今後の三役会に参加することになりました。
 4月からコロナ関連の支援制度を活用する会員の相談は多くありましたが、会員以外からの相談はほとんどなく、読者・会員とも増えていません。今後、知り合いの業者に声をかける活動をもっと広げていけるよう、
会員に訴えようと、各支部会を何でも相談会と合わせて開催することをきめました。
 また、会費の長期未納の会員への手紙の内容について論議しました。
 そして、昨年より売上が3割以上減少している場合の国保減免制度については「ほとんどの人が対象になるのでは?申請書の見本などをニュースで知らせたら、もっと申請しやすいのではないか」との意見も出されました。

4~7月までの支援制度活用

 政策公庫特別貸付(7人)  3740万円
 セーフティネット借入(5人)
 雇用調整助成金(3人)
 持続化給付金(33人)    4130万円
 家賃支援給付金(1人)申請中
 国保減免(2人)     介護保険料減免(1人)

家賃支援給付金申請しました

Aさん(飲食業)は4月に広島県の休業要請をうけて休業し、5月は売上が半減。持続化給付金や県の感染拡大協力金などを申請し、何とか営業を続けてきました。
 しかし、7月に入り、感染者が増えていることで、「ほとんどお客は来ない。家賃の支払いも大変」と相談があり、家賃支援給付金を申請することにしました。
 5月の持続化給付金申請時の書類と、賃貸借契約書、3か月間の家賃支払い領収書、誓約書など必要書類を準備し、申請しました。
 家賃支援給付金は、5月~12月の売上が前年同月に比べて50%以上減少または、連続する3ヶ月の合計が前年同期に比べて30%以上減少している事業所が対象です。
 支払い地代・家賃月額の2/3の6ヶ月分が支給されます。
 対象の方は、ご相談ください。

芦田・駅家班会で共済制度学ぶ

7月31日(金)、芦田町の「スペース461」で班会が行われ、6人が参加。
 Kさんから「共済の制度をもっと知りたい」とリクエストがあり、共済会理事長の助言をもらいながら、パンフで学習しました。
 「安静加療見舞金はどういう病気が対象?」の質問に、「医師から安静にするように言われて、安静にしたら請求できるよ」などお互いに今までの経験を話したり、「75才過ぎると以前は入院見舞金が2000円だったのが、3000円になったんだ」「会員の要求でそうなったんだね」など新しい発見がありました。
 また、府中ニュースに載っていた国保の減免申請をやりたいと声がだされ、売上の集計をすることになりました。
 その後は、美味しいピザを頂きながら、近況を話し合いました。
 「久しぶりにしっかり、話ができて、楽しかった」「コロナに気をつけて次回も元気で」と散会しました。

上下に昭和レトロ館

7月23日に「備後上下ふる里翁館」がオープンしました。有志6人で家にある懐かしいものを持ち寄り、昭和の電気製品や雑誌・レコードなどアンティークな品物が展示してあります。
 商工新聞読者の藤井さんから取材依頼があり、24日に現地へ。
 元スパーがあった建物の一階に開設された翁館は、美空ひばりの曲が流れ、昭和ムードに。「真空管のステレオでぇ」と受付の方。
 入館料500円を払い、奥に入ると目に飛び込んできたのは、昭和映画のポスターや柱時計。そして所狭しと並んでいる懐かしいキャラクターのシールやおもちゃなどなど。 
 「多くの人に上下町に来てもらいたいと2カ月でここまでこぎつけた。昨日は100人以上の来客があり、大変にぎわった。ゆっくりみて昭和を懐かしんでほしい」と藤井さん。 郷ひろみのLPもありました。

年に一回は健診を受けましょう!

共済会の日曜健診で健康確認

7月19日(日)、毎年恒例の共済会日曜健診が行われました。 事前の申し込みは、28人でしたが、平日希望や、当日急用ができて日を変えた人などあり、参加者は18人でした。
 30分ごとに5~6人位のグループで予約しているので、スムーズに進みます。
 受付後に血圧を測ると「こりゃぁすげぇ高いわ」と何人もの人が声をあげていました。しっかり深呼吸をしたり、少し間をおいて測ったりして、少し下がるとホッとします。
 待ち時間には、「仕事はどうね」「久しぶりじゃね」など近況を交流しました。
 健診内容は心電図や胸部レントゲン、血液・尿検査、問診などがあり、オプションで眼底カメラや骨密度、血液癌マーカーなどの検査を受ける人もいました。
 皆さん、年に一回は健診を受け、健康を確認しましょう!

5~6月の共済見舞金

 長寿祝金    1人
 入院見舞金   2人 31日(腰椎圧迫骨折)
             8日(糖尿病)
 安静加療見舞金 1人(足指骨折) 
★ 入院見舞金は連続3日以上の入院となった場合が対 象です。
★ 民商共済会には、事業主・配偶者・同居家族・従業 員などが加入できます。詳細はお問い合わせください。

持続化給付金の入金があったよ

Kさんは、6月の売り上げが前年度より半分以下になったことで、持続化給付金の申請をしました。「コロナが落ち着いてきたとはいえ、皆さんのお金の使い方が以前とはちがうことを実感している」と話します。
 一度は自分のスマホで挑戦しましたが、メールに返信がこないため、民商のパソコンで申請しました。
 申請後10日目に入金があったと喜びの連絡が事務所に入りました。「思ったよりも早くてとても助かります」
 建設業のYさんは、5月の売り上げが3分の1に減少。「ローンもあるし、資金繰りが大変」と申請。入金の通知が届いたので記帳すると申請後1週間で入金されており、「びっくりした」と報告がありました。そして「民商で相談できることを知り合いにも話してみる」とうれしい返事が返ってきました。
 Mさんは、6月は仕事がほとんどありませんでした。従業員に休業手当を支払い、持続化給付金と雇用調整助成金を請求することになりました。
 持続化給付金はスマホで申請。不備メールもなく、10日後には入金されました。「よかった。次は雇用調整助成金に挑戦する」と4枚の書類を書き、出勤簿や給与明細書、売上帳などを揃えて、ハローワークに提出。「すぐ受け取ってくれた」と安堵の電話が入りました。
 
家賃支援給付金 申請受付始まる

【支給対象(全てを満たす事業者)】
①中堅企業・中小企業・小規模 事業者・フリーランスを含む 個人事業者
②5月~12月の売上について
 ・1ヶ月で前年同月比▲50%以  上または
 ・連続する3ヶ月の合計で前  年同月比▲30%以上
③自らの事業のために占有する 土地・建物の賃料を支払った
【給付額】
 法人 最大600万円
個人事業者 最大300万円
*月額賃料×2/3の6か月分

 今、すべての業種で売上が減っています。毎月の売上を早めに集計し、対象者の方は、ご相談ください。