0824-72-3762

〒726-0003 広島県府中市元町451−1

民商の魅力あふれる交流会2021 開催

民商の魅力を語り、大きな民商をつくろう!
大好きな商売を続けるために、インボイス制度を中止・延期させよう!

10月16・17日に尾道ふれあいの里で県連主催の「民商の魅力あふれる交流会」が行われました。
コロナ禍での集会でしたが、感染防止対策を十分に行い、全体で67人の参加がありました。
初日の開催挨拶では、加賀会長が「民商とは何かということを考え、学び、交流をしよう。民商はこの70年間、地域の小規模事業者のために生きることを優先にいっしょに闘ってきた。今後も政治を変えるために奮闘しよう」と熱く訴えました。
その後は、全商連70周年DVDを視聴し、全商連総会方針や基本方向の学習をしました。「商売を語る会」や「私と民商の出会い」では、6人の会員がそれぞれの商売や民商との出会いなどを話しました。
2日目は、相談活動についてのパネルディスカッション。三次・福山・広島西部・広島民商の4人のパネラーがそれぞれの活動を報告しました。支援金申請の相談に役員が中心となって対応している様子が語られました。
インボイス制度の学習もありました。消費税申告や納税の基本からインボイス制度の問題点など。免税業者にとって廃業の危機がせまるインボイス制度をやめさせるために署名と選挙で反対の意思を示す必要があります。

その後は3グループに分かれて討議しました。参加者は、「今までなかなか集まることができなかったが、今後は工夫して学習会や楽しい行事に取り組んでいきたい」「全会員対話を目標に行動する」「外注先にインボイス制度について知らせる」「一人一人の会員にそったインボイスの学習会を行いたい」など今後の活動に弾みがつきました。

まとめの報告では、県連事務局長が「将来役員になってもらい方にも参加を募った。聞いたことを生かし、今後の活動のステップに。民商の魅力を多くの業者に語り、より大きな民商をつくろう」と呼びかけました。

参加者の声
全商連70周年を迎えますが、先人たちの方々の努力で今日まで民商が継続されています。
私も入会してから早40年がたちました。民商で様々な学習をし、活動をさせてもらっています。
今回の交流会で他民商のいろんな活動やパネリストの方々の話を聞き、今後の民商活動への勇気と力をもらいました。私も元気なうちはまだまだ仕事を続けるとともに、一人でも多くの仲間といっしょに民商活動を頑張っていきたいと思っています。 祐源博之

コメントは受け付けていません。